shigashiga’s diary

ファッションと音楽のつながりをCDレビューを通して紹介・考察するブログです。

SIERRA DESIGNS (シエラデザインズ)|ブランド紹介

f:id:sigasiga:20210719154911j:plain

ブランドの代名詞「60/40クロス」、通称「ロクヨン」素材を使用したマウンテンパーカーやダウンジャケットでおなじみのシェラデザインズ。
セレクト好きから古着好きまで対応し、幅広く愛されているSIERRA DESIGNS (シエラデザインズ)を今回は紹介します。
今更感もあるけどやっぱりいいブランドだし、おさらいの意味も含めてということで。

sierra-designs.jp

1965年にアメリカ カリフォルニア州でスタート。
創立者はボブ・スワンソンとジョージ・マークスというふたりの青年。
自分たちがアウトドアで培った経験をギアに活かしたいという願いからブランドが始まります。

1968年には現在においても人気のあるマテリアルでブランドの定番素材である60/40クロスを使用したマウンテンパーカーを発売。
現在のアウター・シェルジャケットの原点となり、アメリカで大ヒットします。
今ではゴアテックスを始めいろんな防水機能を備えたファブリックがあるけれど、当時は60/40クロスに勝る高機能ファブリックは存在せず、ものすごく注目を浴びたそうです。

1980年代になると、マウンテンパーカーはタウンユースとして使うスタイルが流行。
今でもその余波は確実に残っていて、アメカジクラシックを好む人やアウトドアに使用する人、ヘビーデューティースタイルを愛する人に支持され続けています。
良セレクトショップで展開されるのも納得だし、MADE IN U.S.A.製のクラシックな雰囲気を楽しめるとてもいいブランドだと思います。

今ではマウンテンパーカーやタウンギア以外にもシャツやパーカー、コートなどいろんなアイテムが作られているので興味があればチェックしてみてくださいね。
ちなみにぼくはオレンジの60/40クロスのマウンテンパーカーを何年も愛用させてもらってます。
やっぱり持っておくべきはこのマウンテンパーカーなんじゃないかなと個人的に思っています。

GO HEMP(ゴーヘンプ)|ブランド紹介

f:id:sigasiga:20210619160505j:plain

1994年に誕生した「GO HEMP(ゴーヘンプ)」。 www.gohemp.jp

前に紹介した紹介したGO WESTと同じイエローデヴィジョンという会社のブランドです。

www.lentlent.com


GO HEMPのブランドテーマは「Art Of Hemp」。
テイストはGO WESTに比べてよりカジュアル、かつナチュラル。
ベンダーパンツが有名です。
ブランド名に「HEMP」を冠しているように素材にヘンプを使用しているものが多く、これにオーガニック素材やコットンなどを混紡していて、肌や環境にも優しいデザインになっています。
ヘンプの持つ特有の優しい風合いや色もとてもおしゃれ。

ヘンプ素材の服ってみなさん着たことありますか?
肌触りはもちろん、速乾力が強く、抗菌力もあり、植物自体も無農薬で生命力も強く、ニョキニョキ育つという特性があります。
人にも地球にも優しいオーガニック素材なんですよ!

素材の云々も大事ですが、このブランドのテイストもなかなか◎。
無地Teeのカラーバリエーションおしゃれなタイダイ染めソックス、過去にはOJAGA DESIGN(オジャガデザイン)という良ブランドとのコラボ雑貨もあり、ブランド全体から醸し出される雰囲気からヒッピーやフラワームーブメントっぽい感じがなんとなく感じとれるんですよね。
カルチャーと音楽がいい感じにブレンドされているように、個人的には思っています。
ちなみにぼくの好きなGO HEMPの洋服はこちら。 - MONGOLIAN VEST

  • TUBE VENDOR ALL PANT
  • 定番の無地Teeシリーズ
  • パーカー

GO WESTと合わせて着てもいいですよね。
良かったらチェックしてみてくださいね!

GO WEST(ゴーウエスト)|ブランド紹介

f:id:sigasiga:20210617012445j:plain

www.gowest.jp

1989年に設立したGO WEST(ゴーウエスト)は恵比寿にあるおしゃれブランドです。
ちょうどこの時期ってヴィンテージレプリカの流行したときなのか、僕の中ではそんな時期にできたブランドのイメージが強いです。
例えば恵比寿ジーンズとか。(GO WESTの方がちょっと前だけど・・・)
イエローデヴィジョンという会社のブランドでGO HEMPというオーガニックなラインもあって、ぼくはこっちも好きです。

さて、GO WEST、みなさんはご存知でしたか?
テーマは「Art Of BLUE」。
デニムのラインナップもすごくかっこいいですし、代表作といえばやっぱりブッシュパンツではないでしょうか。

ミリタリー、スポーツ、ヒッピーカルチャーやアメリカ西海岸からメキシコ西海岸のサーフカルチャーと基調としたデザインを展開しています。
確か創立した方もサーフィンが好きだとか。
テーマの「Art Of BLUE」に込められた「インディゴや藍などの経年変化を楽しんでもらいたい」という想いも素敵ですよね。
このブランドの特徴は(個人的にですが)ヴィンテージレプリカ系のブランドと違い、現代っぽくしっかりとアップデートされているところ。
懐古主義的なアメカジブランドの中では一線を画すデザインとサイジングだと思います。
コンセプトも含め、とてもおしゃれています。
長いブランドなのでたくさんの服のパターンもあるけど、毎年雰囲気も変わっていて飽きないです。
お店も廃材を使ってヴィンテージっぽくしているのかな。
デイリーウェアとしてもキャンプなんかの軽いアクティブなシーンにもハマるデザインです。
ぼくはデニムが好きなのでGO WESTのブッシュパンツをはじめ、トップスもいろいろ買ってしまっているんですよね。

機会があれば、GO WEST、チェックしてみてください!

ELWOOD(エルウッド)|ブランド紹介

f:id:sigasiga:20210616012649p:plain

スケートブランドを思い浮かべたとき、絶対にパッと出てくるはずのないマイナー中のマイナーブランドなのではないかと個人的に思っていますが、みなさんはどうでしょうか。
ELWOOD(エルウッド)、聞いたことありますか??

www.elwoodclothing.com

エルウッドは1996年に南カリフォルニアでスタート。
Palmer Brownらによって設立されます。
スケーターによるスケーターのためのブランドとして、90年代のストリートカルチャームーブメントに乗り、そのカジュアル性とクオリティの高さから本国アメリカで高い支持を得ました。
ビッグネームのプロスケーターのサポートもしていて、ケニー・アンダーソン、アンソニー・パパラード、サル・バービア、デヴィン・キャロウェイといった面々。
ぼくはケニー・アンダーソンの着こなしを見て、デニムやらシャツやらたくさん買いまくっていて、意外にたくさん持っているんですよね。
なかなかクオリティも高く、Teeシャツはすべてオーガニックコットンを使い、全売上の1%を環境団体に寄付するなど環境にも優しいブランドです。

デザインはタイトめだったりジャストサイズのものが増えていますが、1996年〜2000年代前半のエルウッドはルーズサイズのものが多く、ぼくはこっちの方が好きかな。
最近ではミュージシャンも着用していて、有名どころだとBECK、G.ラヴ、ジャック・ジョンソン、HIP HOP方面ではマニー・マーク、50セント、ジュラシック5なんかも支持しているようです。

お店ではあんまり売っているところがなくて、たまにリユースショップとかに置いていたりもするのですが、もう少しセレクトショップなんかでも取り扱ってほしいなといつも思っています。
いい意味で今っぽくないデザインで、VANSとかNIKE、アウトドアのフットウェアなんかも合わせやすいと思うんですよね。
かっこいいスケートブランドなのでぜひチェックしてみてくださいね。
ちなみにデニムを使ったアイテムが渋いもの、多いかもです。

UGG(アグ)|ブランド紹介

f:id:sigasiga:20210613160718j:plain

みなさんご存知の「UGG」について今日は紹介も兼ねて歴史を追っていきたいと思います。
たぶん漠然としたイメージはみなさん持っていると思うんですよね。
例えばオーストラリアのメーカーだとか、セレブ、イキリ系。
おしゃれな人たちのウケもよく、ジャンルや服の系統問わず支持されている、とか。
でもこのブランドは調べてみると結構歴史も古く、労働者やサーファーなどと密接な関係がありました。

ブランドの由来

始まりは1920年代。オーストラリアの羊毛刈りを職業とする人たちの間でUGGはスタートします。
最初のブーツは羊の毛皮で足を無造作に包んだ出来の悪い不恰好なものでした。
このブーツは「Ugly Boots(かっこ悪いブーツ)」と呼ばれ、これを古き良きオーストラリアの人々がスラングでUGGブーツと言い慣らしていったのがネーミングの由来。
しかし、素材と履き心地の良さから次第に一般層へと浸透していくことに。

UGGの機能美が大戦でも活躍

1930年年代になると農夫たちと一般の人々の中でごく少数しか流通していなかったブーツは意外にも第一次世界大戦にも使われることになります。
戦闘機のパイロットが上空で体温を暖かく保つためにUGGを履いて空へ飛び立っていきました。

ブームのきっかけはサーファーたち

1960年代、軍で採用されたとはいえ、まだまだマイナーな存在でしたが、この頃からオーストラリア西海岸パースという町のサーファーやスイマーたちがこぞって愛用するようになります。
優れた保温性のあるブーツで水から上がったあと体を冷やさないようにするようになり、どんどん広まりを見せていくことに。

1979年代になると、パースだけではなくシドニーのサーファーにも人気が出てきます。
彼らサーファー・スイマーたちは冬の海に入れないオフシーズンになると雪山で登山やスキーを楽しむのがパターン。
春・夏の海だけではなく、極寒の雪山でのユーザーもこういった経緯を経て増えていき、寒冷地にも持ち込まれることになります。

そして1978年、オーストラリアのサーファーブライアン・スミスがオーストラリアやニュージーランドのサーファーの中で流行していたこのムートンブーツをアメリカに持ち込んだことがきっかけとなり、世界中に広まっていきます。
こうして初めてのシープスキンブーツのブランド代表格UGG Australia(アグ オーストラリア)となるのです!!

アメリカでの大流行をきっかけに世界的なブランドへと成長

アメリカのサーファーにも広く受け入れいられたUGGは1995年、UGGを持ち込んだブライアン・スミスによってアメリカの巨大フットフェアカンパニー「デッカーズ社」に売却されます。
そして1999年にデッカーズ社は「UGG Australia」をヨーロッパ・アメリカなどで商標登録。
2003年、UGGはよりファッショナブルなものへとイメージが変わり、シエナ・ミラー、ケイト・ハドソンなどハリウッド女優が身につけたことでアメリカ国内で大流行しました。
2005年には世界的な人気拡大のため、デッカーズ社は生産の拠点を中国に移し、大量生産を始めます。
UGGのもつアメリカのイメージはこのことが起因していて、要はオーストラリア発でアメリカで商業的成功をしたブランドっていうことですよね。

現在のUGGは日本でも大人気

2006年には日本でもUGGはブームに。
以降は表参道やアウトレットモールなどにもUGG Australiaの直営店がどんどん出店され、今ではオーストラリアのサーファーだけが知るマイナーブランドから、誰もが知る大衆のためのフットウェアになりました。
※現在のブランド名は「UGG Australia」から「UGG」にリニューアルされています。

RAINBOW SANDALS(レインボーサンダル)|ブランド紹介

f:id:sigasiga:20210612004542j:plain www.rainbowsandals.com

今回はレンボーサンダルについて。
1972年、ジェイ・スパーキー・ロングリーはラグナビーチにある自宅ガレージで200ドルでミシンとゴムを買い、彼の野望であった世界で一番いいサンダルをつくるという目標からこのブランドをスタートします。
最初は自身で店頭販売せず、ホビーというお店にとりあえず6足だけ委託販売で置いてもらうことに。
ホビーでの売上で12足作るだけの金額を稼ぐことができ、委託販売中にソーダスフェスティバルの駐車場でサンダルを売ろうとしたのですが、フェスの主催者と出店者たちにダメ出しをくらって、彼らにサン・クレメンテに移るようにすすめられ、そこで彼は1974年に正式にレインボーサンダルをスタートさせます。 その後何年もかけて試行錯誤し、より見栄えよく履き心地もいいサンダルを開発することに成功します。
2000年になると今までなかったほどに事業が伸び、その後事業拡大に対応するために、カジェネゴシオに会社施設を開くことに。
今では年間2万足のサンダルを生産しています。

レインボーサンダルはすべて手作りで生産されていて、オリジナルの調合の接着剤を使って素材を貼り合わせ、鼻緒の固定が壊れたサンダルが捨てられ、海を汚さないよう素材にも気を使われています。
何よりもすごいのは履く人の足に合わせて形を「覚える」スポンジゴムの密度をその都度変化させていること。
実際、履き心地いいを通り越して「快適」のレベルなんですよね。

みなさんはレインボーサンダルって知っていましたか??
初めて買う方は値段がちょっと高くてびっくりしてしまうと思います。
セレクトショップなんかで扱っているところもあるし、結構アッパーなお値段のサンダルなんです。
ですが、なかなかの優良アイテムだと思いますよ!!
デザインや履き心地は良く、なによりもハイクオリティ!!
夏も近くなっているし、ぜひレインボーサンダルを試してみてください。

EZEKIEL(イズキール)|ブランド紹介【サーフ】

f:id:sigasiga:20210611010812j:plain

サーフブランドの中だとかなりマイナーなブランド。
専門的なサーフショップ以外ではあまり店頭に置いてあるのをみたことがなく、ぼく自身もシャツとTシャツを数点しか持っていないのですが、とてもカッコよく、他の人とほとんどかぶらないので、これをチョイスすることでちょっとだけ玄人っぽい感じも出せるかなと思い、今回はEZEKIEL(イズキール)を紹介します!

www.ezekielusa.com

イズキールは1992年にスタートしたアメリカ カリフォルニア州のブランドです。
コンセプトは「All We Have Is New」。
ブランドのターゲットとするコミュニティに対し、高品質で普遍的なアイテムを提案し続けています。
ネーミングは旧誓約書に登場する預言者「エゼキエル」に由来していて、常に未来を見据えたブランドでビーチからタウンユースまで幅広く切られるクロージングであり続けるというアメリカのブランドらしいカルチャー発のアパレルブランド。
約30年間と意外に長く展開していてバックナンバーも結構多そうですよね。

ぼくがこのブランドを好きな理由は、サーフブランドなんだけど、それ特有のオープンカラーやリゾート感がなくて、むしろ品のいいストリートブランドみたいなところ。
サーフブランドを使いたいけど、大体有名どころでかぶるしな・・・と思っていて違いを出したい人におすすめのインポートブランドです!!