shigashiga’s diary

ファッションと音楽のつながりをCDレビューを通して紹介・考察するブログです。

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)|ブランド紹介【サーフ】

オーシャンパシフィック公式サイト|Ocean Pacific(OP)Japan www.op-japan.com

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)はダサい??

f:id:sigasiga:20210609004857j:plain

ヤンキーからおしゃれ着、リアルサーファー、そしてファッションに興味のない人まで、それぞれのニーズで着こなしを楽しめるアメリカのサーフブランドOcean Pacific(略してOP)。
世界的に普及率が高く、現行のアイテムは簡単に手に入れることができるのでレアリティには少し欠けるかもしれないですが、歴史は結構深く、ヴィンテージも存在し、古着もなかなかのかっこよさ。
ぼくのイメージだと、オープンカラーののポロシャツとサマーコーデュロイと呼ばれるまでに履き潰された状態のOPのコーデュロイパンツが思い浮かびます。

ブランドの発祥

ブランドの始まりは1960年代。
ジョン・スミスがオーシャンパシフィックを立ち上げます。
その後、1970年以降によりサーファーのニーズに応えられるアパレルブランドとして、ジム・ジェンクスが再興したのがはじまりといわれています。
60〜70年代はアメリカ西海岸をはじめ、世界を巻き込んだサーフカルチャームーブメントの真っ只中。
オーシャンパシフィックはブランドならではの日常からレイドバッグした空気感を醸し出す新しい商品をどんどん開発し、ムーブメント、サーフストリートカルチャーのアイコン的なブランドに成長していきます。
代表的なサーフポロやコーデュロイパンツをはじめ、ボードショーツやバギーパンツ、ビキニなどビーチで使用するものからデイリーユースにも使えるアイテムまで幅広く手がけます。
今ではアウトレットモールでも見かけたりとても身近なメーカーですよね。

ロゴの変遷

年代によってタグを見るものおもしろくて、70年代は「OP」の"O"の中にサーファーのシルエットが入っている「波乗りタグ」。
このときは、®️(レジスターマーク)も入っていないんです。
アンダーウェアには"O"の中に雪の結晶のデザインが描かれている「雪タグ」というのもありますよ。
80年代になると®️(レジスターマーク)が入ります。
キレイな青タグに白文字で大きく「OP」というロゴが入ります。
ぼくは青タグ白字の80年代ロゴが好き。
90年代はブランドのネームの略称「OP」の文字のみ。タグ全体のカラーはシルバー。
古着屋さんやリユースショップでもしつこく探すと他のヴィンテージブランドより比較的見つけやすいのではないかと思います。

このブランドはサーフショップや古着屋さんでみた方が購買意欲がわきますよ。
ちなみにブッシュのコーデュロイショーツとポロシャツはすごく好きだし、おすすめです!