shigashiga’s diary

ファッションと音楽のつながりをCDレビューを通して紹介・考察するブログです。

服買いあさり日記とちょっとだけ本の紹介 - 2

今日も最近買った服とか本とか紹介します。

 

『チャコ(Chaco)』のサンダル

f:id:sigasiga:20200610021313j:plain1988年アメリカのサンダルブランドでユーク・ペイジェンというリバーガイドだった人が納得のいくものを作ろうということでできたブランドだそうです。余談ですがチャムスもリバーガイドだった人が作ったブランドでしたよね。セールでちょっとだけ安くなってたし、夏だしまあいいなと思って買いました。

実際使ってみると、ものすごく履きやすいです!!ソールは少し厚めでウェビングストラップ(調整用のヒモ)がミッドソール内で体に繋がっているのでサイズ調整も融通がきくし、ホールド感もいいです。いっぱい履くことにしよう。

 

『ロトト(RoToTo)』のソックス

サンダルを買ったのでついでに靴下も買っちゃった。2足購入。

ちょっと肉厚でとても丈夫です。国内一の生産量の靴下産地、奈良県でつくられているいるらしい。原料になる糸は季節や用途によって使いわけられているそうです。だから肌触りいいのか・・。これもたくさん履くことにしよう。

 

 

本の紹介『ダイナー』

前回に続きまた本の紹介。今度のはちょっと前の作品、『ダイナー』。映画化もしてましたね。内容はマフィアに身を売られた主人公オオバカナコが殺し屋専用のレストラン”ダイナー”で働くという話。
来店する極悪非道、でも個性が豊かな殺し屋たちと彼女との駆け引きがスリリングに書かれています。「キャンティーン」の店主が作る料理もおいしそう。店主の相棒、ブルドックの菊千代もかわいい。映画もみてみたいなあ。
 
 

『キャンバー(CAMBER)』のTシャツ

f:id:sigasiga:20200610021154j:plain

ブランドの代名詞である8オンスの天竺編みボディ。要するにヘビーウェイトということ。キャンバーはずっと好きで着続けています。

もともとは1948年にニッティングミルとして誕生し、その後カレッジ用のTシャツを作っていただけあってかなりのタフさ。ちなみにアメリカのブランドでいまだにMADE IN USAを貫いています。アメリカ製っていうだけでも何か雰囲気もかっこいい気が・・。

今回は白ポケTシャツを購入。オーバーサイズで着るとかっこよし。カラーも豊富にあるので、次は色物を選ぼうと思います。

 

次回は POST ROCK編 |▶︎